본문 바로가기

位置

忠清北道はアジア大陸東端にある韓半島の中央部に位置します。

緯度上では中緯度に属し、韓国唯一の海に面していない内陸道である。そのため、夏は高温多湿で冬は寒冷乾燥した温帯温順気候で、季節の変化がはっきりしているだけでなく農産物に富み、その品種も様々だ。忠清北道は、ソウルに隣接し、交通の便がよく経済、教育、文化が大きく発達した住みやすい地方だ。

忠清北道は、気候が温暖な中緯度地域に属す。


道の北端は、堤川市白雲面雲鶴里北端北緯37度15' 20"。南端は、永同郡龍化面龍化里南端北緯36度00' 35″。道の東端は、丹陽郡永春面儀豊里東端に東経128度38' 15″。西端は、清州市興徳区五松邑上鳳里の深浦洞西端に東経127度16' 40″である。


忠清北道庁は、清州市上堂区上堂路82(文化洞)にあり、東経127度29' 57″、北緯36度38' 30″に位置する。

忠清北道と対等な緯度線上にある国は、中国の中央部、インド北部、イラン北部、スペイン南端部、米国の南部地域だ。


忠清北道は、南北方向に長く伸びた地形が特徴だ。道の北端部と対等な緯度線上にある地域として、遠徳、道渓、太白、寧越、龍仁、水源などがあり、道の南端部と同じ地域は浦項、亀尾、獐項だ。