본문 바로가기

ニュース

ニュース 상세보기 - 제목, 내용, 파일 제공
忠清北道、ヨーロッパの化粧品クラスター代表団との間に交流協力の道を開いた!
내용 - 忠清北道、GCC.eu、IBITA、FKCCI協約締結 -
- 道内より10社、ヨーロッパより21社が技術交流会に参加 -

忠清北道、そしてヨーロッパ化粧品クラスター代表団(GCC-eu)、国際ビューティー産業交易協会(IBITA)、韓仏商工会議所(FKCCI)は23日、忠清北道化粧品臨床研究支援センターの会議室に集まり、世界的にK-ビューティーの中心地となれるよう大きく成長するためのクラスター造成協力業務協約を締結した。

この日の協約式には、李始鍾(イ・シジョン)知事、ヨーロッパ化粧品クラスター代表団(GCC.eu)のクリストフ・マッソン代表、国際ビューティー産業交易協会(IBITA)のユン・ジュテク会長、韓仏商工会議所(FKCCI)のユン・ソンウン代表、韓国内外の化粧品企業(31社)が参加した。

今回の協約により、グローバル化粧品クラスターの造成と化粧品産業の発展のため、韓国とヨーロッパの企業の相互協力や海外広報の支援、国際貿易振興活動に対する情報協力及び相互協力のため力を合わせて努力するとを約束した。

業務協約に続いて、道内の化粧品企業(10社)とヨーロッパの化粧品企業(21社)間において技術交流会も開催した。

技術交流会では、道内の企業が共同参加して開発した共同ブランド「C#AVI」を皮切りに、参加した企業の革新的な製品及び企業紹介が行われ、ヨーロッパの化粧品クラスター代表団はこれに熱い関心を見せた。

忠清北道は、化粧品産業を体系的に育成するため、2013年世界化粧品ビューティー博覧会の開催、『忠清北道ビューティー産業育成条例』を全国で初めて制定して多角的な育成政策を推進することなどを通じて、2020年を基準に韓国の化粧品生産量の38.7%(全国2位)、輸出量24億4,200万ドルで32.2%を占めるようになるなど、コンスタントな成長を見せており、K-ビューティーの先導役となっている。

道の関係者は、「今回の協業によって道内の化粧品企業とヨーロッパの化粧品企業との間にネットワークが作られ、グローバル市場進出の機会となれることを期待している。世界的なK-ビューティーの中心地として成長できるよう、K-ビューティーの震源地であり韓国内の化粧品・ビューティー産業のメッカである清州(五松、梧倉)に化粧品産業団地、清州展示館、化粧品総合支援センターの建設など懸案事業を滞りなく推進し、K-ビューティーのクラスター造成だけでなく、世界トップ3に入る化粧品輸出国へと成長するためのけん引役になっていきたい」と語った。

また、この日訪問したヨーロッパ化粧品クラスターは、ヨーロッパ等24か国40クラスタ―メンバーシップにより構成されており、国際バイヤーと化粧品・ビューティー企業のマッチングと情報共有などを目標に設立された組織である。

(社)国際ビューティー産業交易協会は、2012年に設立された中小ベンチャー企業部傘下の非営利法人で、韓国唯一の海外展示専門協会であり、韓国内に661社の会員社及び韓国内外に62,000名のバイヤーネットワークを有し、年75回にわたり海外の有望な展示会及びコンベンションを主管している。

韓仏商工会議所は96か国126機関の間にネットワークを構築し、年に約60以上のイベント・カンファレンスを主管する機関である。
파일