본문 바로가기

ニュース

ニュース 상세보기 - 제목, 내용, 파일 제공
民選8期 忠清北道政の目標「忠北を新しく、道民を幸せに」
내용 - 「意見交換と奉仕、クリエイティブな想像力」の実現のため5大道政方針提示 -

忠清北道知事職引継委員会は、新たに発足する民選8期を迎え道政目標を「忠北を新しく、道民を幸せに」と定めた。

これは、人口200万時代突入、良質な雇用10万件創出、忠北経済(GRDP)100兆時代に備えて新たな忠北へと生まれ変わるという意志であり、これをもとに文化と芸術が豊かな忠北、どこででも均一に受けられる道政サービス、健康な道民・安全かつ快適な生活により道民の心が躍る幸福な忠北を建設したいという民選8期道政の目標である。

これをバックアップする5大道政方針を、▲経済を豊かに、▲文化をより身近に、▲環境を価値あふれるものに、▲福祉を頼もしく、▲地域を暮らしよく、に定めた。

「経済を豊かに」は忠北創業ファンド1,000億ウォン造成、忠北雇用財団設立、放射光加速器の適宜構築及び最先端研究インフラの構築により地域経済のダイナミックさを取り戻し、層の厚い雇用エコシステムの造成、グローバルイノベーションのメッカ造成による融合・複合型成長エンジンを設けることにより、忠北の経済が飛躍的に発展できるよう画期的なインフラを構築するという意味である。

さらに「文化をより身近に」するための忠北レイクパークの造成、文化消費テンテンテン(10、10、10)の普及、国際規模のスポーツコンプレックスの構築など、誰でも遊びに来たくなりとどまりたくなる忠北観光のルネッサンス時代を切り拓き、道民全員が文化とスポーツをより身近に享受することのできる環境を構築したいという意思が込められている。

「環境を価値あふれるものに」としては、持続可能な忠北発展の土台を設け、安全インフラの拡大・充実化と共にKAISTと連携した五松グローバルバイオメディカルタウンの造成、人工知能(AI)のギフテッド・科学・国際高校の設立など、人材養成のためのカスタマイズ型教育エコシステムの造成により、忠北の環境・安全・教育分野の価値を高め、他の市・道との差別性を高めるという構想である。

「福祉を頼もしく」としては、医療費後払制の導入、出産手当1,000万ウォン支給の実施など医療格差を減らし、綿密な生活密着型政策を通じて道民の暮らしの質を改善する先行福祉を実現したいという意味が込められている。

「地域を暮らしよく」は、忠北圏メガシティの実現のため広域交通網の拡充、農村融複合産業への支援拡大、道の公共機関分散配置等を通じて都農間、地域間で偏りなく共生する均衡発展によりどこであっても暮らしよい忠北を造成していくという意味である。

民選8期の忠北道は、「意見交換と奉仕」、「クリエイティブな想像力」をベースに「忠北を新たに変化させ、164万道民が幸せな忠北」を完成させるために、道政運営に全力を尽くす計画だ。
파일