콘텐츠로 바로가기 대메뉴로 바로가기 부메뉴로 바로가기

推進の背景

Home > 投資情報 > CBFEZのご紹介 > 推進の背景

次世代の成長動力産業の中心軸

忠北は、新首都圏として国家新発展軸の中心のCベルト、Kベルトの中心軸として発展する

新成長拠点の集積地: 忠北

忠北の清州・清原を中心に半径80km以内に忠北(鎭川・陰城)の革新都市、忠南(忠清南道)道庁移転新都市、忠州・泰安企業都市、KTX駅勢圏(五松、大田、天安•牙山、公州)、黄海経済自由区域、 五松先端医療複合団地などの国家大型プロジェクトが集積

国内外最高の地政学的要衝地

国土の中心: 忠北

四方八方に伸びる国家基幹交通網の構築により国内最適のアクセス性を確保

内陸地域の新産業地帯化により航空物流の新拠点 : 清州国際空港

  • 最近、仁川国際空港の航空貨物処理容量の不足から、代替空港として全国14の地方空港のうち清州国際空港が選ばれ、 国際線貨物機が就航
  • 滑走路の延長(2,744m→3,200m)に、他の対象事業選定に伴う旅客及び航空機需要の増大

広域交通網の拡充により新首都圏の中心: 忠北

全国及び東北アジア最適のアクセス性を基盤に外注誘致及び関連産業の育成可能

国内外企業の最適投資誘致の選好地域

格安で優秀な生産用地の供給が可能

50~70万ウォン台の格安工業用地の供給が可能

産業立地インフラの最適条件を保有

  • 国家基幹網の持続的な拡充に伴う産業立地の需要が増大
  • 豊かな工業用水及び電力供給の可能地
  • 差別化された教育インフラを確保

格安で豊富な拡張性を備えた優れた生産価用地と周辺インフラの確保

新成長動力産業育成の前哨基地

既に造成されたクラスター基盤の融複合産業のハブを実現

  • 忠北は半導体、部品、完成品に繋がる ITクラスター機構
  • 五松国家生命科学団地、五松先端医療複合団地、食品医薬品安全庁などの6大国策機関のバイオ産業の早期インフラを確保
  • 清浄インフラを基盤とし、環境にやさしい産業開発の存在力を保有