콘텐츠로 바로가기 대메뉴로 바로가기 부메뉴로 바로가기

事業の概要

Home > 開発計画 > 五松 バイオメディカル > 事業の概要
  • 国家五大核心、研究開発機関を援助

  • 交流、リスクコミュニティの研究

  • 国家五大生物医学施設

設置の概要

  • 国内唯一のバイオ特化地域のバイオ企業誘致に最適地
    (オソン(五松)先端医療複合団地、食品医薬品安全庁をはじめ認許可機関などの国家機関の集積)
  • BTを基盤とした融合産業の育成が可能(バイオ基盤の新薬と医療機器のグローバル外国企業の誘致の条件を造成)

開発の内容

  • 位置 : 忠清北道 清原郡 五松邑 一帯(KTXオソン(五松)駅の周辺)
  • 面積 : 4,414,898㎡ / 事業費 : 11,883億ウォン
  • 事業期間 : 2013~2020年

投資の強み

東北アジアバイオクラスターの中核地帯

  • 国内唯一のバイオ分野の国家産業団地である「五松生命科学団地」と東北アジアバイオメディカルハ ブ「五松先端医療複合団地」
  • 国内最高のアクセス性 : 全国どこからでも2時間以内(KTX五松駅から1分の距離)、清州空港20分、 世宗市10分

R&D、許認可、生産が結び付いたバイオ産業に最適地

  • 保健医療の6大国策機関、バイオメディカル施設、先端医療複合団地の核心・研究支援施設などの バイオインフラの集積
  • 東北アジアのバイオクラスター構築 (現在、五松・梧倉の100余りの国内・外の関連企業の投資)

BTを基盤にした融合産業の育成が可能

  • バイオ基盤の新薬と医療機器、半導体、梧倉IT関連の特化技術基盤の活用
  • R&D及び製品生産を推進するグローバル外国企業に最適地

外国人観光客及び医療観光分野の核心地区

  • 清州空港を活用した隣接国家とのアクセス性の確保
  • BT産業の特性化されたインフラを基盤に、外国の総合病院及び海外の医療観光客を誘致

外国人の定住条件を整備

  • 外国人専用住居用地のご提供
  • 外国人学校、外国人病院・薬局の設立