콘텐츠로 바로가기 대메뉴로 바로가기 부메뉴로 바로가기

機関施設の確保

Home > 投資情報 > CBFEZのご紹介 > 機関施設の確保

道路部門

等級別道路の現況

  • 忠北の道路の全長は、2009年末までには、6,674kmであり、等級別には高速道路6つの路線が 315km、一般国道は13の路線が959km、地方道は49の路線(国家支援地方道6つの路線を含む) 1,458km、市・郡道は271路線が3,942kmである
  • このうち、経済自由区域を通る京釜高速道路、中部高速道路、中部内陸高速道路などがあり、 国道には、国道36号線、国道38号線、国道17号線がある

高速道路

京釜高速道路の清州インターチェンジ、中部高速道路の西清州インターチェンジ、悟倉インターチェンジ、中部内陸高速道路の忠州インターチェンジが経済自由区域内の各拠点地区に連結

国道

  • 五松新都市~清州市~忠州市を結ぶ国道36号線、清州市~エアロポリスを結ぶ国道17号線、 忠州市~エコポリスを結ぶ国道38号線
  • 国道36号線と17号線を結ぶ清州2次循環道路沿いに清州テクノポリスがあり、 地方道は五松団地~悟倉団地を結ぶ国道508号線、悟倉団地~曾坪太陽光団地を結ぶ国道510号線がある
道路部門
区分 高速道路 進出入路 所要時間
バイオバレー 京釜高速道路
中部高速道路
清州インターチェンジ
悟倉インターチェンジ
10分以内
15分以内
エアロポリス 中部高速道路 悟倉インターチェンジ
西清州インターチェンジ
20分以内

鉄道部門

  • 忠北の鉄道網は、京釜高速鉄道の五松駅を含め、地域西部に位置する京釜線と北東部に位置する中央線によって他地域と結ばれており、地域内の鉄道網としては、忠北線が忠北を東西に横切っており、京釜線、中央線及び太白線をそれぞれ結んでいる
  • 忠北線(鳥致院~鳳陽間) 115kmの従来の複線区間に対して電鉄化事業を推進し、第2次 国家鉄道網の構築計画により高速化を推進する計画
  • 京釜線の芙江駅~中部圏の内陸貨物基地を結ぶ中部圏の内陸貨物基地の引入線2.75kmを 2010年1月に開通して運営中
  • また、2010年11月に高速鉄道五松駅を開通して、京釜線は40本、湖南線は8本など、1日に合計48本、列車が運行中
  • 経済自由区域内の各拠点地区を結ぶ鉄道網は、高速鉄道に京釜・湖南高速鉄道があり、 国鉄には忠北線がある
  • 京釜・湖南高速鉄道の分岐駅である五松駅が五松団地内に位置しており、忠北線の五松駅、 空港駅、忠州駅が各拠点地区と隣接している
鉄道部門
区分 鉄道 鉄道駅 所要時間
バイオバレー 忠北線 五松駅 10分以内
エアロポリス스 忠北線 清州空港駅 5分以内

注 : 所要時間は乗用車を利用した場合で算定

空港部門

Routes

  • 道内で現在運営されている空港は、清州空港 1ヶ所であり、国内線は清州~済州間を1日12本、 国際線は清州~北京間を週2本、清州~上海間を週9本、清州~香港間を週6本、清州~瀋陽間を 週1本
  • 国内線及び国際線の運航が増え、空港利用客が次第に増加しており、中部圏の拠点空港としての立場と国際規模に適した施設拡充が計画されている

主要施設の現況

清州国際空港の総敷地面積は、190.9万㎡(軍部隊を含めると673.9万㎡)であり、全国16の空港のうちでは4番目の規模であり、 滑走路は2本からなる