콘텐츠로 바로가기 대메뉴로 바로가기 부메뉴로 바로가기

基盤施設

Home > 開発計画 > 五松 バイオポリス > 基盤施設

道路網

  • バイオバレー圈域と忠北経済自由区域の他圈域とを結ぶ高速道路網は、京釜高速道路、中部高速道路などがあり、国道には、国道36号線、国道17号線がある
    • 高速道路は京釜高速道路の清州インターチェンジ、中部高速道路の西清州インターチェンジ、 梧倉インターチェンジが経済自由区域内の各拠点地区を結んでいる
    • 国道は、五松新都市~清州市~ソーラーバレーを結ぶ国道36号線、清州市~エアロポリスを結ぶ 国道17号線がある
    • 国道36号線と国道17号線を結ぶ清州2次循環道路沿いに New-ITバレーがある

鉄道

  • バイオバレー圈域と忠北経済自由区域の他圈域とを結ぶ鉄道網は、高速鉄道では 京釜・湖南高速鉄道があり、 国鉄には忠北線がある
  • 京釜・湖南高速鉄道の分岐駅の五松駅があり、忠北線の五松駅、清州駅、梧根場駅、忠州駅が各拠点地区に隣接している
  • 京釜・湖南高速鉄道の五松駅は、ソウル、釜山、木浦各方向に連結される分岐駅であり、経済条件を兼ね備えている。 忠北線との支線連結により江原圈との連携も可能
  • 1段階的開発計画 : 高速鉄道乗換え駅の開発
    • KTX五松駅から乗換え体系により、忠北線と間接的に連携
    • 五松を含む清州圈と世宗市の主要駅として活用するための駅勢圈の開発
    • 五松駅は京釜高速鉄道6線(上り3、下り3)と湖南高速鉄道4線(上り2、下り2)、計10線で 配線され、乗り場は京釜線2ヶ所と湖南線2ヶ所が設置され、その大きさは11.0m × 450.0m
  • 2段階の開発計画 : 五松駅を中心に高速鉄道 X軸の構築
    • 五松駅は京釜高速鉄道6線(上り3、下り3)と湖南高速鉄道4線(上り2、下り2)、忠北線 4線(上り2、下り2)、計14線で配線され、乗り場は計6ヶ所で構成
    • 湖南高速鉄道と忠北線、京釜高速鉄道(釜山方面)と忠北線、さらに湖南高速鉄道と 京釜高速鉄道を結び、その位置は、五松駅から南に3~5㎞地点で処理
    • 京釜・湖南高速鉄道と忠北線直結のための鉄道敷地に交通公園を設定

空港

  • 忠北経済自由区域内には、中部圈唯一の国際空港である、清州国際空港があり、 バイオバレー圈域からは約40分所要
  • 特に、大田、清州などの従来の都市と世宗市の関門の役割をする位置にある