콘텐츠로 바로가기 대메뉴로 바로가기 부메뉴로 바로가기

事業の概要

Home > 開発計画 > 清州 エアロポリス > 事業の概要
  • 清州国際空港

  • 胴体装備/改造

  • 航空の0の部品R&D中心

開発の概要

  • 世宗市の関門空港であり、中部圏拠点空港としての立場の台頭
  • 航空産業クラスター造成の必要性の台頭
  • 先進国型の知識基盤産業として核心技術の早期確保が必要

開発の内容

  • 位置 : 忠清北道 清原郡 內秀邑一帯
  • 面積 : 473,713㎡ / 事業費 : 1,569億ウォン
  • 事業期間 : 2013~2020年

投資の強み

中部圏の拠点空港である清州国際空港

  • 新行政首都である世宗市の関門空港、中部圏の拠点空港
  • 地方唯一の貨物専用航空機が就航、東アジアの格安航空のハブ空港

全国どこからでも2時間台のアクセス性、交通と物流の中心地

  • 四方に発達した高速道路網の構築 : 南・北(4つの路線)、東・西(3つの路線)
  • X字型の高速道路網の構築 : KTX五松駅(唯一の高速鉄道分岐駅)、ソウルに40分以内に到着
  • 電鉄網 : 首都圏電鉄の連結(ソウル-清州国際空港)、軽電鉄建設(大田-清州国際空港)推進
  • 一般鉄道網 : 忠北線、中央線、太白線、中部内陸線(建設中)

東北アジアの航空産業を牽引するMROハブ

  • 2021年までに世界市場の年平均成長率3.9%に比べて、アジア市場は6.8%を予想 .
    • アジアの格安航空会社の急成長に伴う中大型機種のMRO需要の増加(Frost & Sullivan)
  • 工程期間 (Turn Around Time) 最短期化が可能な航空MRO産業の戦略的位置
    • 多様な航空機部品の物流供給及び工程期間の短縮が可能
  • 大韓民国の専門トータル航空MROサービスモデルの特化
    • 空港整備モデル団地に指定(2009年)
    • 空港MRO有望拠点地域の明示(2010年)
    • 航空関連の特化企業の保有(LG商社、ソンウエンジニアリング)

融合技術基盤の未来航空産業の最適地

  • 近隣所在の情報通信、太陽光の集積地、及び国内最大のR&D研究施設の利用
  • 大徳研究団地、梧倉科学産業団地、五松バイオバレー、アジアソーラーバレー、国際科学ビジネスベルト